Sieveの使用について

Sieveは簡単に使用できます。基本的にはメールサーバー上に保存されているファイルを編集するだけです。

1. Sieveアプリケーションを選択

メールサーバー内に保存されているフィルタの役割をするファイルに簡単にアクセスし、編集を行うことができるアプリケーションの利用をお勧めします。

注釈

Thunderbirdを使用している方は、Sieve利用のためのアドオンが数多く存在しますが、Thomas Schmidtが作成した "Sieve"のアドオンの利用をお勧めします。

http://sieve.info/clients

There is a list of some other Sieve applications mentioned at http://sieve.info/clients

2. Sieveを使用しているメールアドレスで有効化

Sieveアプリケーションを選択したら、そのアプリケーションがメールボックスに接続できることを確認してください。

ThunderbirdのSieveアドオンを使用している場合、メールボックスへの接続は自動的に行われます。"Sieve Message Filters" をThunderbirdの"Tools"メニューで選択し、"Filters for"メニューからフィルタを編集したいメールアドレスを選択してください。

上記以外をお使いの方は以下の情報を使用してください。

  • ホスト: mail.gandi.net
  • ポート: 4190
  • ログイン: 「@」以下を含むメールアドレス (例: you@example.com)
  • パスワード: メールアドレスのパスワード

設定が完了し、該当メールアドレスでのSieve有効化に同意した後、Sieveメッセージフィルタファイルへの書き込みや編集を行うことが可能です。