スパム対策フィルタ

メールのヘッダー部分のパラメータを使用してスパム防止フィルタを作成することができます。

受信したくないメールをフィルタでふるい分け

受信したくないメールのふるい分けのためにフィルタを作成するには、X-GND-StatusX-GND-Score を以下のようにフィルタ条件で使用してください。

  • X-GND-Status ヘッダーが 'SPAM' を含む
  • X-GND-Score ヘッダーが [2-4][0-9][0-9] である (スコアは200以上)

X-Spam-FlagX-Spam-Levels ヘッダーを以下のように使用してフィルタを作成することができます。

  • X-Spam-Flag ヘッダーが 'true' である
  • X-Spam-Flag ヘッダーが '******' を含む // アスタリスク(*)が6以上

タグを利用してメールをフィルタリング

タグを利用してメールをフィルタリングするには、X-GND-Status ヘッダーを使用することでフィルタを作成することができます。

  • X-GND-Status ヘッダーが {tag} を含む

Gandiメールでは以下のタグをサポートしています。

  • X-GND-Status: PCE: 受信したメールの署名を分析してプロフェッショナルな商用メールかどうかを検知 (キャンペーンメールを配信するプラットフォームから送信されたメールにはメーリングリストから解除するためのURLなど様々なルールを検知)
  • X-GND-Status: MCE: プロモーションメールで、メールマーケティングのルールに従っているが、よく知られたキャンペーンメール送信プラットフォームから送信されたものではないメールを検知
  • X-GND-Status: SOCIAL: SNSからの通知やアラート
  • X-GND-Status: PURCHASE: インターネット上で何かを購入した際の購入通知メール
  • X-GND-Status: ACCOUNT: ユーザーアカウントの作成やアップデートの際に送信される確認メール
  • X-GND-Status: TRAVEL: 旅行関係の確認メール (車のレンタル、旅行のチケット、ホテル予約)
  • X-GND-Status: FINANCE: お金関係の情報が含まれたメール (銀行送金、口座残高確認メールなど)
  • X-GND-Status: ALERTING: アラートサービスに関連したメール (Googleアラート、Yahooからのアラートメールなど)
  • X-GND-Status: BOUNCE: 送信できなかったメールの通知
  • X-GND-Status: SUSPECT: スパムの可能性がある件名が含まれているメール (例: 送金をお願いするメールなど)