FileZilla

このページではシンプルホスティングのインスタンス管理に使用することになるFileZillaについて説明をします。

FileZillaは無料のオープンソースソフトウェアで、パワフルで使いやすく人気のFTPクライアントソフトです。FilezillaはsFTPをサポートしており、Gandiのシンプルホスティングのインスタンスへのファイル送信や管理をするときにスムーズに利用することができます。(Gandiのシンプルホスティングではセキュリティ上の理由からFTPのみを使用することができません)

FileZillaは以下のURLからダウンロードすることが可能です。 https://filezilla-project.org/

ログイン情報

最初にsFTPログイン情報を確認しましょう。以下の手順で確認することができます。 "シンプルホスティング" -> "あなたのインスタンス名" -> "ウェブサイト" -> "www.example.com (自分のサイト名)" -> "sFTP" (「デプロイまたは以下の情報を使用してアップロード」と書かれている箇所です)

FileZillaにログインするために必要なsFTPログイン情報は以下です。

  • ユーザー(User): 予め設定されている英数字
  • パスワード(Password): インスタンス作成時に設定したパスワード
  • サーバー(Server): 接続するsFTPサーバーのホスト名

サイトをサイトマネージャーに追加

FileZillaにはサイトマネージャーという機能(CTRL+S)があり、FTPまたはsFTPに関わらず接続したいウェブサイトのログイン情報を全て保存しておくことが可能です。

メニューにある「ファイル」から「サイトマネージャー」を選択してください。そうするとウィンドウが表示され、sFTPのログイン情報を入力することができます。最初に「新しいサイト」ボタンをクリックして、sFTPをプロトコルとして選択し、ログオンタイプは「通常」を選択してください。

  • ホスト: サーバーのアドレスを入力 (sftp.****.*******.net)
  • User: インスタンスのユーザー名を入力
  • "パスワード: インスタンスのパスワードを入力

インスタンスに接続

ログイン情報を入力した後、「接続」ボタンをクリックして先に進んでください。そうすると以下のようなメッセージが表示されます。

サーバーのホスト鍵は不明です。サーバーはあなたが考えているコンピューターだという保障はありません。
ホスト: sftp.sd3.gpaas.net:22
指紋: ssh-rsa 2048 35:e0:5a:a9:54:12:55:6b:ce:41:8c:c1:9e:35:1d:f6
このホストを信用して接続を実行しますか?``

「常にこのホストを信用し、この鍵をキャッシュに追加」の前にあるチェックボックスをクリックし、OKをクリックしてください。その後サーバーに接続され、インスタンスへの接続状況が表示されます。(表示される内容はインスタンスの種類やバージョンによってことなります)

ファイルをアップロード

インスタンスに接続した後、仮想ホストが位置しているvhostフォルダをダブルクリックしてください。vhost下にはシンプルホスティングのインスタンス上でドメイン名に関連付けられているフォルダが表示されます。

ファイルをアップロードしたいフォルダまで移動し、自分のコンピューターのローカルフォルダからドラッグ・アンド・ドロップで該当のフォルダにファイルを移動させることが可能です。ウェブサイトを公開させるためにはファイルは以下のように htdocs フォルダの下にファイルを置く必要があります。

/lamp0/web/vhosts/www.example.com/htdocs/

注釈

sFTPクライアントを使用すると、フォルダの作成、ファイル移動、ファイル名の変更などを行うことができます。FileZillaを使用ではファイルやフォルダを右クリックするとダウンロードやキューに追加、ディレクトリの作成などのオプションを確認することが可能です。FileZilla以外のsFTPクライアントを使用している場合はそのソフトウェアのドキュメンテーションなどの説明を確認するようにしてください。