DNSレコードの管理

GandiのLiveDNSを使用していると、ウェブサイトからのDNSレコード変更がすぐに反映されます。 DNSレコードについてさらに確認したい場合、DNSに関するFAQ をご確認ください。

ウェブサイトからドメイン名を直接購入すると、LiveDNSが初期設定として使用されることになります。旧バージョンを使用すると、旧バージョンのDNSを使用することになり、LiveDNSを使用するためにネームサーバーを変更する必要があります。

ウェブサイトのインターフェイスからDNSレコードを編集

ドメイン管理画面から該当ドメイン名を選択し、左側メニューから「DNSレコード」を選択してください。その後表示される画面でDNSレコードを編集する画面が表示されます。

  • レコードを 追加 するには、画面右上にある「追加」ボタンをクリックしてください。そうするとレコード作成画面が表示され、ドロップダウンからレコードの種類を選択することができます。種類を選択すると、その他必要な情報を入力する画面が表示されます。
  • レコードを 削除 するには、各レコードの右側にあるゴミ箱アイコンをクリックしてください。
  • レコードを 編集 するには、ペンのアイコンをクリックして必要な情報を入力するようにしてください。

テキストモードでDNSレコードを編集

上記設定方法以外に、DNSレコードを直接書き換える方法があります。DNSレコード画面で「テキストモード」と書かれたボタンをクリックし、下部にある「DNSレコードを編集」をクリックしてください。その後直接編集ができるようになり、「ゾーンファイルを保存」をクリックすると編集内容が保存されます。