標準証明書

シンプルホスティングのインスタンスS+以上で無料

Gandiでのシンプルホスティングのインスタンスを使用すると、「S+」サイズ以上の利用からインスタンス上でホストするウェブサイトごとに無料でSSL証明書を使用することができます。(「S」サイズではSSL証明書のサポートは行っていません)

証明書は標準証明書として自動的に作成され、毎年自動的に更新されます。証明書の秘密鍵にはユーザー自身はアクセスできず、シンプルホスティングのインスタンス上のみで機能します。使用しているドメイン名の期限が切れて更新しなかった場合、シンプルホスティングを使用しなくなった場合、証明書は自動的に使用不可になります。

ドメイン名をGandiで登録し、シンプルホスティングのインスタンスを使用してウェブサイトをホストしている場合、シンプルホスティングのページから自動で使用できるセキュリティ証明書を使用することをおすすめします。毎年他サービスの更新時に更新されるため使用開始後手作業が発生しません。

ドメイン名購入で使用できる1年間無料の証明書

クレジットカード等による決済を必要としないウェブサイトの保護に適したセキュリティ証明書です。1年間の無料使用期間後、更新に必要な金額を支払い、証明書を更新する必要があります。

単一ドメイン

単一ドメイン向けSSL証明書はGandiから提供されている証明書の中で一番低価格でサイト上で決済がないウェブサイトでの使用に適しています。

Gandiではドメイン名一つの購入または移管につき一年間無料の単一ドメイン向け証明書を提供しています。

ワイルドカード

サイト上で決済がないウェブサイトでの使用に適しています。ワイルドカード向け標準SSL証明書は現在設定されているサブドメイン、将来作成されるサブドメインを含め適用されます。

ワイルドカード向け証明書はドメイン名とファーストレベルサブドメイン(example.com や .example.com)を保護します (セカンドレベルサブドメイン以上は保護できません: *..example.com)。"*.sub.example.com" のようなサブドメインを保護するためには、別のワイルドカード向け証明書を購入する必要があります。また、"www.sub.example.com" を保護するためには別の単一ドメイン向け証明書を購入する必要があります。

単一ドメイン向け標準SSL証明書とは異なり、ワイルドカード向け証明書は以下のように一つのドメイン名における複数のサブドメインを保護します。

  • www.example.com
  • admin.example.com
  • photos.example.com
  • videos.example.com
  • forum.example.com など

証明書の利用で複数のドメイン名を保護する必要がある場合(例: www.example.com, www.example.net)、マルチドメイン向け証明書をおすすめします。

マルチドメイン

マルチドメイン向け標準SSL証明書は管理者ページ、ウェブサイトのユーザーページ、イントラネット、ウェブメールなど異なるドメインが使用されているウェブサイトの保護に最適です。

ワイルドカード標準SSL証明書とは異なり、マルチドメイン対応の証明書は一つ以上のドメイン名を同じ証明書で保護します。

  • www.example.com
  • www.example.net
  • www.example.info など

一つの証明書で複数のサブドメインを保護する必要がある場合(example.com や *.example.com など)、ワイルドカード向け証明書を使用してください。

標準証明書のマルチドメインオプションは4つあります。

  • ドメイン3つまで
  • ドメイン5つまで
  • ドメイン10つまで
  • ドメイン20つまで