ドメイン名の関連付け

ドメイン名をシンプルホスティングのインスタンスに関連付けて、あなたのウェブサイトと好きなURLを紐付けることが可能です。

GandiのLiveDNSを使用している場合、数回のクリックで自動的に設定ができます。他のDNSプラットフォームを使用している場合、DNSレコードを複数追加する必要があります。

概要

ドメイン名をインスタンスと関連付ける場合、シンプルホスティングの管理ページからインスタンスを選択し、ページ上部ある「ウェブサイト」をクリックしてください。その後画面右上にある「作成」ボタンをクリックしてウェブサイトに使用したいドメイン名を入力してください。

以下のステップで設定を進めてください。

1 - ドメイン名を入力

ルートドメイン、サブドメイン、またはワイルドカードサブドメインを使用することができます。 (例: example.com, www.example.com, dev.app.example.com, *.example.com)

注釈

ホスティングインスタンスにつきワイルドカードアドレスを一つだけ使用できます。

2 - 所有者の確認

ドメイン名がGandiで管理されており、LiveDNSが使用されている場合、自動的に確認が行われます。それ以外の場合、現在使用しているDNSプロバイダーのDNSレコード管理画面でTXTレコードを作成する必要があります。入力が必要な値についてはウェブサイトに表示されます。

3 - DNSレコードの設定

  • ルートドメインに関連付ける場合(例: example.com)、AレコードとAAAレコードを作成する必要があります。
  • サブドメインに関連付ける場合(例: www.example.com)、CNAMEレコードを作成する必要があります。
  • ワイルドカードとして関連付ける場合(例: *.example.com)、“*”サブドメインにCNAMEレコードを作成するか、それぞれサブドメインを作成して一つずつ紐付けていく必要があります。

4 - DNSレコードの承認を待つ

Gandiのシステムが定期的に自動でルートドメインとサブドメインのDNSレコードが正しく設定されているかを確認します。また、インスタンス管理ページにある更新ボタンを押して手動で確認することも可能です。

システムがDNS設定を承認後、ブラウザにドメイン名を入力するとウェブサイトやアプリケーションにアクセスすることができます。ワイルドカードは承認のための確認がされず、設定後すぐに有効な設定とされます。また、GandiのシステムがDNSレコードを承認すると、設定内容をもとにウェブサイトやアプリケーションにアクセスできるようになるまで最大24時間かか場合があります。

DNS承認の詳細について

シンプルホスティングのシステムがDNS設定について:

ドメイン名所有者の確認後、Gandiのホスティングシステムによって作成されたURLを使用してHTTP challengeが開始されます。(HTTPレスポンス内のchallenge header)

この確認のためのHTTPリクエストはウェブサイト自体には到達せず、Gandiのシステムに直接認識されますのでウェブサイトのログファイルには反映されません。

以下がリクエストとレスポンスの例です。

$ curl -I http://www.example.com/.well-known/gandi-challenge

HTTP/1.1 204 No Content
Date: Thu, 07 Sep 2017 13:49:12 GMT
Server: Varnish
challenge: 1234567890
Content-Length: 0
Connection: keep-alive