FAQ (よくある質問): ドメイン名 - ドメイン移管

authorization code (移管用認証キー)を追加、修正して再度移管申請をしたい

「EPP code, auth code, auth key, transfer code」と呼ばれる authorization code (移管用認証キー)の入力漏れ、または誤っていた場合に再度ドメイン名移管の申請を行いたいときは、ドメイン管理ページからアクセスできる移管ページで確認することができます。

移管申請のための確認メールの再送信が必要

以下の理由でドメイン名の移管申請を再度行う場合:

  • 新旧どちらかの所有者または両方の所有者が締切日までに移管申請についての確認メールを確認しなかった場合(メール内の指示に従う必要があります)
  • メールアドレス変更したため、再度確認メールを送信する必要がある

これらはドメイン管理ページからアクセスできる移管ページで確認することができます。 移管管理ページのステップ5にある、メールアドレス横のアイコンをクリックして再度確認メールを送信することが可能です。

メールアドレスが変更されている場合はGandi側で確認し、移管処理を再度行いつつ、再度両者に確認メールを送信します。

Gandiウェブサイトでauthorization code (移管用認証キー)はどこで確認できますか?

ドメイン管理ページから「EPP code, auth code, auth key, transfer code」などの authorization code (移管用認証キー)を取得するには、確認したいドメイン名をクリックした後、左側のメニューにある「移管」をクリックしてください。その後表示されたページでauthorization codeを含む移管関連の情報を確認することができます。

ドメイン移管ロックを解除するにはどうすればいいですか?

Gandiから別のレジストラにドメイン名を移管させるために、ドメイン移管ロックを解除するには、ドメイン管理ページから該当のドメイン名をクリックし、表示されたページの左側メニューにある「移管」をクリックしてください。そこのページでドメイン移管ロックを無効化することができます。

移管したいドメイン名がリセラーによって管理されている

もしあなたのドメイン名が第三者であるリセラー業者によって管理されている場合、ドメインを管理しているリセラー業者にまずお問い合わせください。

リセラー側であなたのドメイン名の移管申請ができるかもしれません。または、リセラー管理を解除してあなた地震で移管申請ができるように設定をしてもらってください。

確認メールが届きません

いくつかのドメインエクステンションでは、新しいレジストラでの移管手順を完了した後(例: authroization codeを入力し、確認メールでの手順を終えて移管が承認された後)、以下のような確認メールをドメイン名の所有者に送信します。

Subject: [GANDI] 重量: $DOMAINの新しいレジストラへの移管について From: ****-transfer-out@gandi.net

送信されたメール内にあるURLをクリックしない場合、移管手続きが行われた5日後に自動的に移管処理が行われます。

移管申請後にキャンセルしたいとき

ドメイン名は登録や移管後60日以内は他のレジストラに移管をすることができません。しかし、60日間待つ必要なくもとのレジストラにドメイン名を移管し直すことが可能です。