Gandi API

GandiのウェブサイトでのAPI使用について、現在旧ウェブサイトからの機能移行中ですので、カスタマーケア(https://help.gandi.net)までお問い合わせください。

LiveDNSで RESTful HTTP APIを使用

RESTful APIを使用してGandiのウェブサイト上で使用しているDNSレコードに変更を加えることが可能です。

RESTful APIを使用することによって、以下が可能になります。

  • DNSレコードの一括管理
  • ゾーンをアカウント上の複数ドメイン名に関連付け
  • バージョン管理、前回のバージョンへの巻き戻し(スナップショット)

LiveDNSのAPIキーをこのURL (https://account.gandi.net/en/changeme/"username"/security)からご確認することが可能です。"username"をご自身のユーザー名に変えてください。

このAPIの使用方法について、LiveDNS APIドキュメンテーションでご確認できます。 [英語版] http://doc.livedns.gandi.net/

XML/RPC API (旧ウェブサイトでの使用)

旧ウェブサイトで提供していたAPIは現時点でほとんどのオペレーションにおいて使用可能です。しかし、旧ウェブサイトでのAPIは現行のウェブサイトで使用可能であるLiveDNSを使用したドメイン名のDNSレコードやGandiメールの管理をすることはできません。

こちらのURL(https://dns.api.gandi.net/api/v5/nameservers/"toto.com", "toto.com"をご自身のドメイン名に変えてください)からご自身のドメインのネームサーバーに必要なLiveDNSを確認することができます。