TOTP

2段階認証はGandiのウェブサイト上で利用可能な追加の認証方法です。 あなたのアカウントをハッキングから守るための安全対策に必要な手段です。

ユーザー名とパスワードを入力しログインボタンをクリックした後に、あなたのスマートフォン、タブレットまたはコンピューター上で専用のアプリケーションからワンタイムトークンを生成し、ログインに使用します。(下記ご確認ください)

TOTPの設定にはTOTPのアプリケーションや端末が必要です。

TOTPの有効化

Gandiのウェブサイト上で2段階認証を有効化するには以下の手順に従ってください。

1. セキュリティ ページに移動

  • ログイン後、画面右上にあるユーザー名をクリックして「設定」ボタンをクリックしてください
  • その後ページ下部にある「ユーザーアカウントとセキュリティ設定を管理」をクリックしてください
  • TOTP(2段階認証)」の横にある「Yes」をクリックしてください

2. TOTPアプリを設定

表示されたページで認証キー(seed)が表示されます。 それをTOTP(2段階認証)アプリで読み込み、「」をクリックすることで完了します。

注釈

同じ認証キー(seed)を他の端末でも使用することができます。

3. 2段階認証設定の確認

「次」をクリック後のページで、パスワードと2段階認証アプリから生成される6つの数字(トークン)を入力してください。(まずアプリ上でトークンを生成する必要があります) トークンは30秒に一回更新されます。 その後「保存」をクリックすると完了です。

上記を完了させると、2段階認証の設定は正常に有効化されます。

注釈

"seed"または"seed"を読み込んだアプリ(アプリがインストールされているスマートフォンなど)を失ってしまった場合、Gandiのカスタマーケアまでご連絡ください。

TOTPについて

"seed" (認証コード)を生成し、スマートフォンやコンピューターにインストールされたアプリ上で読み込む必要があります。(アプリはTOTPまたはOTPアプリケーションと呼ばれています。下記説明をご確認ください) 読み込み完了後、30秒に一回更新されるトークンが生成されるTOTPアプリを使用してGandiウェブサイトにログインができるようになります。

トークンはGandiウェブサイトへのログインに必要になり、Gandi側のサーバーでトークンを相互参照し、有効である場合ログインが可能になります。

無料TOTPアプリ

Linux

  • oathtool : コマンドラインツール

アプリケーションの設定時に以下の値が必要です。

  • Code length: 6 digits
  • Time step: 30 seconds
  • Seed format: Base 32 encryption (Arbitrary)